お肌の悩み

ゴルフが趣味のミナコです☆私は中学生の頃からニキビで悩み、特に皮脂の多い鼻の上に。たまに出来る大きなニキビが悩みでした。皮膚科に何度か通ったぐらい、大きくて気持ち悪いニキビでした。

鼻の上の同じところに同じような大きなニキビが出来、その都度、自分でも潰したり、皮膚科でも潰してから薬を塗ったりしていました。それが原因であるのか、ボコボコした跡が残ってしまい、大人になった今でもそれはくっきりと残り、もう元には戻りません。大人になるにつれて、ニキビは出来にくくなりましたが、その中学生の時の経験がトラウマになり、たまにニキビが出来ると、そのニキビが大きくなってしまわないかと心配になります。

大人になってからのニキビは、仕事でストレスを抱えている時に、おでこに赤いニキビが出来たり、食事などで口周りを汚したり刺激を与えたりすると、皮膚の中に白い皮脂が溜まる、気持ち悪い白ニキビがしょっちゅう出来たりする事が悩みです。赤いニキビは個人的に治りやすい気がするのですが、この白ニキビは厄介です。放っておくとどんどん皮脂が溜まっていくので、ニキビも大きくなります。赤いニキビより見栄えが悪く気持ち悪いので、人前に顔をさらすのが嫌になります。

そしてこの出来てしまったニキビの対処法ですが、塗り薬を使用します。赤ニキビの場合は、ニキビの上から直接塗れば効果があります。白ニキビ場合は、早く中にある白い皮脂を取り除いてあげることが重要です。しかし、ニキビの上から薬を塗るだけだと、皮膚のベールに覆われて、皮脂を取り除く事が出来ないのです。

だから、仕方なく潰して皮脂を取り除くしか方法がありません。ただやみくもに潰すと余計ひどくなってしまったり、跡に残る心配があります。なので針などで皮膚をちょっと刺して、皮脂を押し出していく方法で優しく潰すのが重要です。完全に皮脂を押し出し、ティッシュなどで余分な皮脂をよく吸い取ってから、薬が肌にちゃんと浸透するように塗ります。そして極めつけに、ニキビ周りを優しく覆うように二度塗りします。

ちなみに私は、ロート製薬のアクネージアという塗り薬を使用しています。ニキビの予防法ですが、食べ物で油っぽい物を控える、野菜を食べる、ニキビに強い基礎化粧品を使う、皮膚科に相談、といろいろあるとは思います。しかし、私がおすすめする予防法というか、ニキビの予防解決策は、ストレスを溜めない事と充分な睡眠です。

その理由は私の経験にあります。ある仕事を辞め、睡眠をたくさん取れる期間があり、その時、食べ物も化粧品も特に気をつけてなかったのですが、ニキビが全く出来なくてびっくりしました。何かと忙しい現代人は、ストレスは付き物だし、睡眠時間もなかなか取れないとは思いますが、やはり十分心や体を休める事が大切だと思いました。

難しいかもしれませんが、ストレス発散や仕事の間に仮眠を取ったり、食生活に気を使ったり、少しでも規則正しい生活に近づけるように心がける事が、ニキビ予防には1番良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です