太くて無駄に逞ましい足

自分の身体で気に入らない部分は沢山ありますが、1番を挙げろと言われたら、間違いなく足の短さですね。これはもう子どもの頃からコンプレックスでした。短いだけじゃなく太くて無駄に逞ましいので、見た目が非常によろしくないんですよ。

太くて短い足を誤魔化すために、高校生の頃は当時流行していたBボーイファッションをしていました。その後大人になってからもルーズなボトムスで腰パンして誤魔化したり、あらゆる手を使い短足を誤魔化していました。

しかしその後、アパレル業界で働くことになった私は否が応でも細身のファッションスタイルを余儀なくされてしまいました。初めてスキニーパンツを履いた時は自分で笑ってしまいましたね。これはアカンやろ、と。

他のスタッフはそれくらい普通だよ、と言ってくれたのですが、どう見てもパッツンパッツンで、もうデニムじゃなくてスパッツでしょこれ、という状態でした。身長が高いくせに裾の生地もだぼだぼと余っていて、恥ずかしくて自分でこっそり裾上げしてました。

長くするのは無理でも、せめて足を細く出来ないものかと色々試してみました。下半身をシェイプアップすればもしかしたら足もスラッとなるのではないか!?と思い、トレーニングジムに通ってもみましたが、もうこれは完全なる逆効果でした。

元々筋肉質で、筋肉が付きやすい体なことも有り私の足はアスリートのように太く、逞ましくなってしまいました。短いままで。足を高くして寝ると足が細くなる、と聞いてそれも試してみましたが、当然ながら効果はゼロでした。そんな長年の太くて短い足の悩みから私が辿り着いた答えは、もう諦めて堂々と短足でいよう!でした。

しかし!何もせずに諦める訳ではありません。短足で太い足をカバーする為に編み出した技もあるんです。それはズバリ、ボトムスは黒、またはそれに近いダークカラーのものを履く!ということです!もう最終的には視覚効果頼りです。あとはエステなんかにも行ってみたりしてますけどね!口コミを調べまくって選びましたよ。

※参考サイト⇒たかの友梨口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です